明石公園の自然を次世代につなぐ会事務局

ニュース

今年度の樹木伐採は中断、自然環境保全含めて「あり方検討会」設置

 4月3日に開いた「明石公園の未来を考えるシンポジウム」が熱気あふれる集いになり盛り上がった後、明石公園問題は大きな展開を見せています。  翌日4日には、樹木伐採の現地を視察した斎藤知事が「今年度の伐採計画の中断」を表明し、自然環境...
ニュース

県知事が現地視察後、新年度の伐採計画の中断を表明

兵庫県の斎藤知事はシンポジウムのあった翌日の4日、明石公園を1時間半にわたって視察し「石垣保全のために議論を積み重ねてきたが、情報発信や地元との合意形成に反省点があった」と言及。県は2022年度も一部で伐採を検討していたが、視察後記者団に...
活動記録

廊下にあふれて170人超満員の熱気、「みんなの公園」へ熱い盛り上がり 斎藤知事が翌日4日現地視察後、伐採計画の中断を表明

「かけがえのない自然を活かそう!」と呼びかけた明石公園の未来を考えるシンポジウムは4月3日、明石駅前のアスピア明石7階の「ウイズあかし」の会場で開かれました。収容定員120人の会場は開会時にはすでに満員状態で、廊下から耳を澄ませて聴講する...
活動記録

過剰な樹木伐採が石垣崩壊を招く危険を指摘 「つなぐ会」が専門家を招いて現地調査

「つなぐ会」は、2月27日(日)、NPO法人・地球守の代表で造園・土木設計家の高田宏臣氏(千葉市)を招いて、20人で現地調査をしました。石垣周辺の樹木の伐採で、すでに石垣の劣化が始まっていることが分かりました。
ニュース

明石公園の樹木 激減で困惑の声 神戸新聞明石版記事

神戸新聞は、2月24日付明石版で、大きく明石公園の樹木過剰伐採の問題を取り上げました。「明石公園の樹木 激減で困惑」の大見出しは、多くの市民の思いです。県の主張とともに、市民の意見も丁寧に掲載してくれました。「つなぐ会」の見解も紹介されています。
ニュース

「明石公園の緑を考える会」が県に20857人分のネット署名と要望書を提出「日本野鳥の会ひょうご」も要望書を提出

2月22日、11時、「明石公園の緑を考える会」が県知事宛に明石公園の樹木伐採計画を見直し、かけがえのない自然や生態系を未来につないでほしいとの要望書と20857人分のネット署名を提出しました。 また、日本野鳥の会ひょうごも要望書を提出しま...
ニュース

泉明石市長による、明石公園に関するツイッター発言のまとめ

注意:下のツイートにある「兵庫県庁」は、個人のアカウントです。兵庫県庁の公...
お知らせ

オンライン署名「明石公園の樹木伐採計画を見直し、かけがえのない自然環境を未来へつないでください!」にご協力ください

「明石公園の緑を考える会」(「明石公園の自然を次世代につなぐ会」とは別団体です)の皆さんが呼びかけてくださったオンライン署名「明石公園の樹木伐採計画を見直し、かけがえのない自然環境を未来へつないでください!」が大きな反響を呼び、テレビでも...
活動記録

明石市長に要望書を提出し、懇談しました

1月29日(土)12時〜 市長室で、要望書を提出しました。 今、明石公園で行われている伐採を中断し、長年、明石公園の生態系を調査、研究、活動してきた県民・市民の意見を聞き、伐採計画を見直すよう、兵庫県に働きかけて...
内部資料

(部内学習資料)「木の根が史跡の石垣に悪影響を与える」という「常識」について考える

インターネットには、「木の根が史跡の石垣に悪影響を与える」と主張する多くのサイトや論文が存在します。その一つ「オオイタビ(Ficus pumila L.)による城石垣内部の破損」に基づいて、その主張について検討してみたいと思います。 ...
タイトルとURLをコピーしました